キャバクラの形態

大人になれば一度は憧れる遊びの中に、キャバクラで豪遊というものがあるでしょう。
豪遊とまではいかなくとも、キャバクラで遊ぶことぐらいは大人としてたしなみたいものだと思われます。

中には、キャバクラへ行ったことのない男性も少なからず存在してくるはずです。
そんな人にとっては、キャバクラという場所はあくまでも想像の世界でしかないように感じます。

キャバクラというのは夜の水商売の一つになりますが、そもそもキャバクラの形態とはどういったものなのでしょうか。
水商売の形態としては、「クラブ」、「ミニクラブ」、「ニュークラブ」、「キャバクラ」、「ラウンジ」、「スナック」、「ガールズバー」、などとたくさんありますが、基本的には「クラブ」と「スナック」、「ガールズバー」以外は全てキャバクラと同じだと考えて差し支えはありません。
キャバクラには、「クラブ」、「スナック」のようなお店のボス的存在であるママと呼ばれる人はいませんし、女の子自体にも役職などは一切ありません。
ボトルは入れても入れなくてもいいのですが、お店や地域によっては飲み放題料金が追加されたり、ボトルを入れると1セットが長くなったりもします。

女の子は基本マンツーマンで、お店が暇でも、自分で複数の女の子を指名とかしない限りは複数の女の子がつくことはありません。
コンセプトや地域などによって料金は全然変わってきますが、セット料金は1セット6000~8000円くらいで、これとは別にサービス料が10~30パーセントほど掛かってきます。



~注目サイト~
「キャバクラ」、「ラウンジ」、「ガールズバー」などの求人情報を検索できます → → キャバクラ 求人情報

Copyright © 2014 キャバクラ遊びをしたことがない人のために All Rights Reserved.